眼瞼下垂ができるクリニック

ガーデンクリニックの眼瞼下垂の特徴とは?

まぶたの問題を抱えている方にとって、心強い手術になっているのが眼瞼下垂手術になります。眼瞼下垂手術を受けることで、まぶたをしっかりと開けるようになるので、ぱっちりとした目にすることができます。

そんな眼瞼下垂手術を行っているのがガーデンクリニックで、多くの眼瞼下垂手術実績を積み重ねています。

そこでガーデンクリニックがどのようなクリニックで、ガーデンクリニックの眼瞼下垂手術に向いている人を紹介します。

眼瞼下垂手術ができるガーデンクリニックとは?

カウンセリング時に料金を明確に表示することを心掛けており、追加料金が発生しないクリニックとして存在しているのがガーデンクリニックです。

年中無休の相談を行っていたり、備わっている設備は厳重にメンテナンスがされていて、高い安全性が保たれているのが特徴です。

無料アフターサービスも魅力の一つで、ダウンタイムを少しでも短くできるように高周波温熱療法を実施しています。

また経験豊富な医師やスタッフが在籍しており、丁寧なカウンセリングを行ったり、患者と積極的にコミュニケーションを取って、信頼関係構築を目指しています。

更に眼瞼下垂手術を筆頭にレーザー脱毛やワキガ治療など色んな治療を受けられるのがガーデンクリニックです。

ガーデンクリニックの眼瞼下垂手術がおすすめの人

  • 追加料金を発生させないで眼瞼下垂手術を受けたい
  • 痛みを極力抑えて眼瞼下垂手術を受けたい
  • 現状よりもぱっちりとした目に獲得したい
  • スピーディーに眼瞼下垂手術を完了させたい
  • 丁寧な説明を受けて安心して手術を受けたい

ガーデンクリニックの眼瞼下垂手術でよくある質問

Q.眼瞼下垂手術後の腫れがひくまでにどのくらいの期間が必要ですか?
A.ある程度の腫れに関しては、約1ヶ月くらいで腫れをひくことができます。完全に腫れが改善するまでには2ヶ月や3ヶ月ほどの期間が必要になります。
Q.どのような麻酔を実施するのでしょうか?
A.ガーデンクリニックでは、主に点眼麻酔と局所麻酔を行っており、痛みを発生させないように細心の注意を払っています。この2つの麻酔によって、極力痛みを感じないで眼瞼下垂手術を受けることができます。
Q.少しでもダウンタイムを短くするにはどうしたらいいですか?
A.ダウンタイムを短くするには、冷やすことを心掛けることが大切です。定期的に冷やすことで少しでも腫れを落ち着かせることができたり、内出血の発生を防げるようになります。
Q.何時頃アイメイクを行えますか?
A.アイメイクは眼瞼下垂手術後の抜糸をした後に実施することができます。抜糸は基本的に眼瞼下垂手術を行った1週間前後に実施しています。
Q.眼瞼下垂手術後はどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?
A.極力目に負担を与える行為はまず避けなくてはいけないです。その他にも飲酒は腫れが酷くなったり、痛みを感じる可能性があるので控えた方が安全です。

できる限り目に負担を与えないように日常生活を行っていくことが求められてきます。