眼瞼下垂おすすめクリニック2019〜口コミ・効果・種類〜

眼瞼下垂はまぶたの開閉がうまくいかず、上まぶたが垂れ下がったままなかなか戻らない状態を指します。

目を擦る頻度が高かったり、加齢によって発症する症状ですが、治療を行うことで改善することも可能です。

また、目というデリケートかつ快適な日常生活に不可欠なパーツを手術するため、クリニック選びは慎重に行わなくてはなりません。

眼瞼下垂のおすすめクリニック

ガーデンクリニック

術後おおよそ1週間で抜糸を行い、2~3ヶ月で腫れが収まる計算で手術を行います。

眼瞼下垂について不安がある方に対しても、相談受付を年中無休でスタッフが対応するため、安心して手術を受けられます。

また、追加料金がかからずアフターケアも無料で提供されているため、余計な費用を取られることなく治療に集中できるでしょう。

特に眼瞼下垂はしばらく経過を見る必要があるため、アフターケアがしっかりしているガーデンクリニックは選びやすいクリニックです。

表参道スキンクリニック

眼瞼下垂は一般的に切開手術にて行いますが、表参道スキンクリニックはメスが不要な治療方法も提供しています。

切開手術はしばらく見た目に影響しますが、この最新治療方法なら術後すぐでも違和感のない仕上がりになります。

手術に用いる糸も特殊ナイロンを使った特別製であり、簡単には切れません。また、翌日からならメイクも可能なので、女性にも嬉しい手術を行えるクリニックといえます。

各種メディアにて頻繁に紹介されているクリニックでもあるため、その意味でも信頼できることは確かです。

もとび美容外科クリニック

切開手術を必要とせず、二重埋没法を取り入れた「切らない眼瞼下垂プレミアム」を用意しているクリニックです。

眼力をアップさせ、明るい目元にしてくれる手術であり、不安定になりがちな術後の二重まぶたを安定させることが可能です。

技術力も過去50,000件以上に症例を対応してきた実績が示すように確かです。

また、多くの利用者が不安になりやすい痛みに関しても、非常に細い注射針を採用することで抑えることに成功しています。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは、眼瞼下垂に限っても1万件以上の症例に対し実績を持つクリニックのため、安心して手術を任せることができます。

交通費の支給を始めとした独自のキャンペーンを実施しているクリニックでもあり、他クリニックと比較してもフレンドリーな雰囲気のあるクリニックです。

無料カウンセリングから始められるため、コンタクトレンズの長期使用や目の酷使などでまぶたが下がってきた方は、一度相談してみるとよいでしょう。

東京形成美容外科

船橋に本院を置く東京形成美容外科は、無理な高額コースの押し付けもなく雰囲気も明るいため通いやすいクリニックです。

プライバシー保護にも力を入れており、例え混んでいても他利用者とあまり出会うことなく手術を受けられます。

メニューは糸による手術と切開手術の両方が用意されており、それぞれ片目か両目かを選ぶことができます。

眼瞼下垂は片目だけ発症することも珍しくないので、東京形成美容外科なら安心して片目のみの施術でも受けられるでしょう。

東京ヒルズクリニック

カウンセリングで担当した医師がそのまま眼瞼下垂の施術を行うため、カウンセリングの段階で相談しやすいクリニックです。

主に東京にて開業しているクリニックのため、関東近郊にお住まいの方は通いやすくなっています。

経験豊富な院長を始め様々なメディアにて紹介される実績十分なクリニックでもあり、事実口コミでも高い評価を得ています。

ネットからの予約も受け付けているため、足を運びやすい環境が整えられたクリニックといえるでしょう。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂はまぶたが重くなり、段々と目が開きづらくなる症状です。

先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂で発症する理由は異なりますが、後天性眼瞼下垂の場合誰にでも起こりうる症状でもあります。

また、加齢による眼瞼下垂は老人性眼瞼下垂といい、こちらは筋力が弱まることで発症します。

いずれも症状が重くなると、見た目に影響するだけでなく目元以外にも悪影響を及ぼしかねないため、健康面に配慮する意味でも治療する価値があるのです。

眼瞼下垂の症状について

眼瞼下垂は、視界が狭まることで肩こりが起こり、また疲れも取れづらいため睡眠不足に陥ります。

症状が酷くなるとめまいや頭痛を頻繁に発生させたり、冷え性などの自律神経失調に繋がる恐れがあります。

これら症状は片目だけ発症しても起こりうるものなので注意が必要です。

こんな症状で困っていませんか?

箇条書きで書いてください。
鏡を見てなんとなく片目だけ開きづらくなっていたり、視界に違和感を覚え頻繁にめまいを起こすようになった場合眼瞼下垂の可能性が高まります。

以前よりもまぶたが重たく感じたり、一日の終わりに頭痛が起きるような症状も典型的です。

眼瞼下垂の主な原因と症状について

先天性眼瞼下垂

その名の通り、先天的に眼瞼下垂を発症しているケースです。まぶたを持ち上げる筋力が弱く細目と間違われることもあります。

自分が先天性眼瞼下垂かどうかは、一度医師に診てもらって判断する方法が確実でしょう。

後天性眼瞼下垂

スマートフォンやパソコンなど、モニターの見過ぎで目を酷使していたり、外傷が原因で筋肉に影響を与えた場合に発症するのが後天性眼瞼下垂です。

ある時違和感を感じ始めたら、この症状の可能性があります。

老人性眼瞼下垂

加齢による眼瞼下垂であり、誰でも可能性のある眼瞼下垂です。肩こりが同時に発症することも多いので、痩身エステなどで体をリラックスさせると一定の効果が得られます。

腱膜性眼瞼下垂

筋肉を結合する部分が滑りやすくなってしまい、まぶたが下がる症状です。

コンタクトレンズの長期使用や花粉症などで目を擦ると、この眼瞼下垂になりやすくなります。

眼瞼下垂の治療法について

上眼瞼切開法(老人性眼瞼下垂)

筋力の衰えなどではなく、皮膚が弛緩してまぶたが下がっている場合、皮膚を切除することで老人性眼瞼下垂に対処します。

皮膚のたるみも同時に改善するため、見た目を若々しくする効果も期待できます。

皮膚の切除と聞くと二の足を踏むかもしれませんが、他の施術方法と比較して比較的ハードルの低い手術方法と言えるでしょう。

拳筋前転法(腱膜性眼瞼下垂)

瞼板と挙筋腱膜と呼ばれる部位を再固定することで治療する眼瞼下垂方法です。

別名松尾法とも呼ばれており、これは治療方法を広めた医師が名前の由来となっています。この治療方法は他の治療法ほと比較して難易度が高く、十分に信頼の置けるクリニックで施術を受けることが大切です。

抜糸は老人性眼瞼下垂の治療より少し長く、10日前後を見積もっておくとよいでしょう。

拳筋短縮法

筋肉の切除や固定によって行われる治療方法です。高い効果が期待できますが、ミューラー筋と呼ばれる部位を傷つける可能性があるため、こちらもやはり実績充分なクリニックでの施術が求められます。

他の施術方法と比較すると優先順位が高くなく、一度他の眼瞼下垂治療方法を試して効果が実感できなかった場合に行う手術方法でもあります。

眼瞼下垂手術の相場

片目の場合は10万円から25万円前後、両目の場合は40万円から50万円程かかります。

クリニックや眼瞼下垂の手術方法によっては100万円近くかかる場合もあるため注意しましょう。また、切らない施術方法の方が比較的安価になります。

まとめ

眼瞼下垂はただまぶたが下がるだけでなく、体全体に悪影響を及ぼしかねない症状です。放置しておくとめまいや頭痛に悩まされかねないため、美容目的以外でもクリニックを訪れて相談すると良いでしょう。

また、様々な治療方法が用意されているため、多種多様なパターンに対応できるのも強みです。

自分一人で悩まず、軽く相談するくらいの気持ちでカウンセリングを受けてみましょう。

サイトマップ